スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆☆☆ブログランキングに参加しています☆☆☆
お気に召したら、下枠をクリックしてくださいm(__)m
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ FC2 ブログランキングへ 
ランクが上がります・励みになりとても嬉しいですヽ(^o^)丿
皆様も他のたくさんのブログを楽しむ事ができます
category
スポンサー広告

アルコールの販売時間

 日本では、昔から「人生酒ありて楽し」とか「酒は百薬の長」などと言い
お酒を嗜んできた歴史がありますが
この国では、禁酒法(ウィキペディア)や宗教的要因があり、少し事情が異なりますね

アメリカでは、酒類暴飲が原因での事件&事故が多いため(だと思います)
州毎に「酒類販売規制」を設けています
この件に関して、連邦政府の法規定はないようです

ライセンスを取得する事によって酒類販売が許可される州と
州政府によって酒類販売がコントロールされている州とがありますが
アリゾナ州は、前者です

そして、アリゾナ州では、今日から、日曜日の酒類販売禁止時間が短くなります
今までは、日曜日の午前2時~午前10時まで、酒類販売が禁止されていましたが
今日からは、午前2時~午前6時まで、酒類販売が禁止されます
ということで、4時間の時間短縮となりました

酒類を購入後は車で運ぶ場合が多いと思いますが
助手席に酒類を置いて運転する事は違反になるので、後部座席かトランクへ!
また、走行中の車内に開栓酒類があると(飲酒していなくても)ソレだけで違反になります
「くッだらな~い」かもしれませんが、ご注意を!

書くまでも無いかもしれませんが、
飲酒&酒類購入は21歳からで、酒類購入時にはIDの提示が必要です
21歳か否か安易に見分けられるように、21歳以下のIDは縦長なのだそうです

☆☆☆ブログランキングに参加しています☆☆☆
お気に召したら、下枠をクリックしてくださいm(__)m
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ FC2 ブログランキングへ 
ランクが上がります・励みになりとても嬉しいですヽ(^o^)丿
皆様も他のたくさんのブログを楽しむ事ができます
category
生活
genre
海外情報
theme
アリゾナ生活

Comment

Trackback

http://tucsonian.blog104.fc2.com/tb.php/235-7452d1d4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。